<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< 阿部公房『密会』 | main | G・マクドナルド『黄金の鍵』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロラン・バルト『神話作用』

ロラン・バルト『神話作用』

1967 現代思潮社 / 訳 = 篠沢秀夫

これを読んだ当時、バルトは日常生活も小説を読むのと大差ないんだとでも言っているように思っていた。というのはバルトは文学もファッションも思想も珍奇な記号の見せびらかしと思わせようとしていたふしがあって、それを読み解いてゆくのが快哉といった感じを文章にかもし出しているので。(読み解きには飽きてしまったようで、それは後に書くことへと転じてゆく。)


† レッスルする世界
バルトは"げす野郎"ほか、汚い単語を反復する。それは「げす野郎!」と野次られるレスラーについての記述のため仕方なく用いているように見えて、ひょっとしたら"げす野郎"と書くことを楽しんでいるのかもしれない。また
チョッピング、ぶよぶよした響きと、敗れた体の大げさなへたり込みを伴う、前腕によるあの大きなはたき打ち、相手の胸をたたきつぶすあのこぶし打ちである。

こういった文章からはユイスマンスが『さかしま』の中で自分の趣味について滔々と語っている時と同じたぐいの熱気が感じられはしまいか。


† アストラ作戦
この言葉はバルトの造語。秩序(軍隊,教会,宣伝)と、その中で屈従することの快適な光景のほのめかしを憎悪し、挑みかかるようなバルトの書きぶりは、読み手にも手厳しく迫るよう。

しかしまたバルトはこうも言っている。[神話とは、ことばである。][神話は極度に正当化されたことばである。]思わず痙攣的な笑いがこみあげてくる。


† 深みの宣伝
タイトルだけでぷっと吹いてしまいそうになるのであるが、文章がまた。
いや、この宣伝のささやかな精神分析の真のドラマは、深みの底への≪液≫と≪成分≫の到達を微妙に奪い合っている二つの敵対する物質の争いである。
たしかに脂は(聖書や東方におけるように、香油と詩的に呼ばれている)栄養の概念を持ち出すが、それよりも、運搬要素、すばらしい潤滑油、肌の深部への水の導き手として、もてはやす方が間違いがない。

深み,すばらしい潤滑油,深部への導き手?少しエロチックな誤読をほのめかす。


† アインシュタインの頭脳
出だし。[アインシュタインの脳は神話的物体だ→最も偉大な知性は最も完成した機械をイメージさせる]と来る。これは論立てが普通とは逆なのだが、インパクトを狙っている気配が濃厚だ。さらに[強力な人間は心理から切り離されてロボットの世界に導かれる→SFのなかで超人はいつもどこか神々しいものだ]と一文をものしたあと、[アインシタインもそうだ]とあっけなく烙印を押す。
つまり[アインシュタインの頭脳=天才的な機械]という論理を成立させてしまう。これ以後バルトはこの前提を駆使して縦横無尽にアインシュタイン神話の空洞(大仏のような)で踊り、その内幕を暴いてみせる。


この本前半におけるバルトの文章はいきなり突拍子もない断定が来る。畳み掛けるような列挙がくる。[しかしながら]と続ける。まやかしは切り裂かれる。括弧、傍点が多用される。それは誤解を避けるためのものというよりは、瞬時の閃きをとらえたものなのだろうけれど、文章の流れに中断を挟むので読み手としては混乱してしまう。(訳もたいへんだと思う)時おり正鵠を射ているように思えるし、何を言っているのかさっぱり分からないときもある。それは見えざる, , , ,を提示している。バルトの文章は神話化_読者によって不必要に解読される_つまり意味をかわしてしまう。裁かれることもなく放っておかれた残骸だけを残して。
| ロラン・バルト | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:27 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/71

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE