<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< ロラン・バルト『彼自身によるロラン・バルト』 | main | 星新一 『マイ国家』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
阿刀田高『恐怖劇場』 {重松清『カラス』}

『恐怖劇場』

光文社文庫 1995 / 選=阿刀田高 編=日本ペンクラブ 

SF的アイデアと冷たいスープみたいなバタ臭さが秀逸な斎藤純『復活』、
まっすぐな情念おもいこみがおそろしいだけではなく朱色や紫の友禅のハギレが妖しい幻想をかもし出す皆川博子『橋姫』、ともに映像化されれば恰好良さげ。
阿刀田高『ホームタウン』はほがらかに階段を踏み外すような感覚、比べて吉行淳之介『出口』は不条理感覚と作家自体の息詰まるような妄想がこわくもあるのだが、両作品ともどこかなつかしい。


血管に液体窒素を注入された気分、収録された他の恐怖譚がファンタジーか癒しに思えてしまう重松清の『カラス』。背後にすっと立っている幽霊や濡れたバックシートや、どこまで逃げても追いかけてくる律儀なモンスターはもはや怖くない。自分自身の心理も、ドルが暴落して世界がヒックリ返ることもそれほど怖くない。いま怖いのは一本の電話やダイレクトメールや.......そう、誰だか正体の分からない人、何を考えているのか分からない他人が存在あること


『カラス』は『見張り塔からずっと』に収録されている短篇。タイトルも病んでいるが、[作者が見張り塔からずっと観察した人間たちの痛々しい姿が収められている]というだけではない。見張り塔から見ている傍観者は、どうしようもなく見張られていることを意識している人でもあり、それだから一層目をはなせなくて「ずっと」見張ってしまうのだろう。


『カラス』の主人公はそ知らぬ顔でイジメの標的と会話をつづけ、イジメのエスカレートと同期して生き生きしてくる妻を冷静に見つめながら、少しずつイジメる側に傾斜してゆく。(言葉や噂だけで行為はないのだが)しかし後半イジメの"標的"は去り、(当初は純真そうだった"標的"はいつの間にか脅迫的な口ぶりで主人公に別れを告げる。挨拶というよりイジメられ役の引継ぎ?)もはやだれが標的になってもおかしくない...。


主人公の視たものや感じたものを文章化した感じ、テンションがずっと変わらないのも薄ら寒い。ゴミ箱の周辺で「クレ」と鳴き続けるカラスが人を威嚇し、カラス避けの無数の目玉が疲れて帰ってくる人間を監視する。物語は最後まで暗く救いようのない抑圧された日常の空気感を漂わせ、なかなか終わってくれそうにない。絶望の通奏低音を残して。





| i l l | 02:31 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 02:31 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/62
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/08 12:28 AM |

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE