<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< マーク・デーヴィドソン『越境する巨人 ベルタランフィ』 | main | 阿刀田高『恐怖劇場』 {重松清『カラス』} >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロラン・バルト『彼自身によるロラン・バルト』

ロラン・バルト 『彼自身によるロラン・バルト』

みすず書房 / 佐藤信夫=訳

生前最後に出版された本。「自分の著作にくわえた評論」という相変わらず妙なスタイルをよそおいつつ、(『表徴の帝国』のような脱力的写真も豊富)結局ロラン・バルトという人物は自伝も自分で書いてしまった。けれど「自伝も自分で書いてしまったということ」だけがすごいのではない。『彼自身によるロラン・バルト』そのものがスイユ社の『彼自身による...』シリーズのパロディーで、バルトによれば当初「ギャグの一種」として構想された。だが「エクリチュールの理論と実践という真剣な問題」が生じてゆくのだった。
ここにあるいっさいは、小説の一登場人物によって語られているものとみなされるべきである

ある本をほんとうに理解するのには数回読むことが必要だ。けれど、一字一句きちんと読まなくてもいいし、そんな人はまれだろう。(おそらく二回目は端折ることで速く通読できるだろうし、三度目は折り目や線引きをたどる感じになる。)バルトの著作のように難しいことが書いてある本なら、読まれないことになりかねない。となると、数行だけの「ひらめき」に満ちた見解やテクストのみを脳裡にストロボのように焼き付けてしまう方法がもっとも誘引的なものとなる。

バルトの文学的主張は彼の「美学あるいは詩学」だ。論理をよそおって構築されたその独特の文章スタイルは[正しい/誤り]の枠外にあるので、モード(今は何がよくて何がダメか)に影響されない.....これはバルトが周到な戦略を経た上でとりうる態度だったと言わねばならない。思えば、バルトの著作は常に隠れ蓑的, , , ,だった。そして、それがよかった。


表面の肩書きだけを見ればロラン・バルトは、把手がたくさんついたドアーを思わせる。文芸評論家,構造主義者,著述家,社会評論家,思想家......性癖は男でもなく女でもない。晩年は太るのを気にしてカロリーを計算していたそうだが、みすず書房の本に数センチ平方刻印されたバルトの写真を見るかぎりでは「太っている」「痩せている」「厳しい」「神経質」といった規定的言説をことごとくのがれる。文房具を買いに行き、交通事故で帰ってこなかったバルトの生きていた時間は64年。これも長いとも短いともいえない。


『テクストの快楽』同様、『彼自身によるロラン・バルト』もまた「断章化」している。それが極端な場合ではほんの3行ばかりでひとつの文章が終わってしまう。ぱらぱらとめくって気になったページで立ち止まる、というランダムアクセス的読みを可能にする。ニーチェ『善悪の彼岸』やラ・ロシュフコー『箴言集』からお説教要素を取り去り、そこに俳句や夢の「ただそれだけ」というのを注入した感じ云々、というより、『彼自身によるロラン・バルト』という物質自体が通読の強迫観念を逃れることを読者に要求しているかのようだ。(この本には「定義されることから常に自由でありたい」といった「彼自身による思想」とでもいうべき事柄も吐露されている。)

| ロラン・バルト | 14:57 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:57 | - | - |
kimさん>>
新版の表紙にバルト自身による絵(Cy Twombly風クレヨン画)が使われているところをふまえて推測してみれば、バルトはテクストによる【サイトォンブリー的感激】を表現したかったのかもしれませんね。
以後バルトは、鑑賞者,読者が朝食をゆっくり愉しめる席をゆずるように、テクストからでていったのでしょうか.......
| pusai | 2005/11/15 7:47 AM |
サイトォンブリー(画家)についての評論を
読みました。ずっと買ったまま読めないで
いたのに、いきなり怒涛のように入ってきました。画家さんの絵が好きだったので、それが
陳腐に評されていたら、ががっかりするだろうと思っていたのですが、さすがでした。
わかりやすく、内包的でそれでいて出口もあり
感嘆。朝食が愉しくゆっくり食べれる。そんな感じで。
| kim | 2005/11/13 11:30 AM |
図書館であたってみましたが、日記が載ってる本は見つかりませんでした。お役に立てず申し訳ありません ^^;;

これは余談ですが.....『ロラン・バルト著作集10-新たな生のほうへ』にインタビューが載ってます。



| | 2005/09/24 5:39 PM |
バルトの日記.....読んでみたいですね!
でも残念ながら、日記の出版状況については知らないのです。申し訳ない^^;;;

これはカンですが、10巻ほどある
"ロラン・バルト著作集 (みすず書房)"のどこかに載っているかもしれません。図書館にあったと思うので、調べてみますね。。


| pusai | 2005/09/12 8:31 PM |
友達の課題の手伝いをしていてロランバルトを検索してたどり着きました。暫くご無沙汰だったけど、私にとっては限りない愛を感じた人。むかーしにバルトの日記が出版されたとかされないとかいう話を耳にした気がするのですがもしそうのようなことを聞いたことがあったら教えてください
| rie | 2005/09/12 6:29 PM |









http://pusai.jugem.cc/trackback/61

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE