<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< ARCADIUM "Breathe AWhile" | main | ギー・ドゥボール 『スペクタクルの社会―情報資本主義批判』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィリップ・K・ディック 『フィリップ・K・ディックのすべて』

『フィリップ・K・ディックのすべて』 
飯田隆昭=訳 ローレンス・スーチン=編

1996 / ジャストシステム



F.K.D.はある種の脳内体験.....(啓示あるいは悪い予感)を種に構想や何やを書きながら小説を拵えていくタイプの作家らしい。
この本には初期の小説が掲載されている。邦訳タイトル『勇気を奮い起こせ』には少々笑えたが、読んでみると笑いが消えた。すでにほのかな"体験"の匂いがする。


新人SF作家に対するアドヴァイスでは意外にも構成のかっちりした作家のもの、リアリズムで書かれた作品を読むことを勧めている。(リアルな登場人物が展開する言動、会話を書くことに関しては「とにかくアメリカの作家に固執しなさい」とまで言っている。レイ・ブラッドベリを選ばないようにと言っているのはブラッドベリの文体が詩人のものだからだろう。)


作品に通底する少々壊れた感じ、動物に対するやさしいまなざし。にせものとほんもの、疑惑と謎.........作品を表現する枠を純文学からSFに変えていったディックは自身先取的なのものの見方と、文学の予言的機能を知っていたのだろう。何気ない日常をSF化してしまう脳のはたらきをうまく使えば、SFらしい小道具にこだわらなくとも良くなる。アイデアさえあれば、文体も不要となる。ディックは黙示録をSF小説-リアリズムの書き言葉で訳し、おこりうる未来を提示したといってもいいかもしれない。 
予言はたくさんしておいた方が的中する数が増える。それを知ってか知らずか、スピーディーに小説は量産されたのだった。

あなたたちは産めよ、増えよ、地に群がり、地に増えよ。


この本を読んだあとで上記の創世記の句を読めば、また別の感慨に包まれなくもない。[産めよ、増えよ、]と言われている[あなたたち]とは誰なのだろう、あるいは、何なのだろう.......?こわいのは、何とでも読み替え可能という自由性, , ,ではないだろうか。そして、それゆえ........フィリップ・K・ディックを信用してはなるまい, , , , , , , , ,という、根拠のない確信が深まる。


| 思想圏 | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:09 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/171

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE