<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< ALBERT AYLER "Spiritual Unity" | main | 笹沢左保 『天を突く石像』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あぶらだこ "あぶらだこ" [青盤]

あぶらだこ "あぶらだこ"

1986



初夏の午前4時過ぎとでもいうべきブルーのジャケットを開き盤回せば、哲学的文学的深遠を覗き込むような潰れた詞と緩急自在の音塊の狂躁的饗宴。洞窟のなかで静かに息を潜めるかにみえて、湧水は不意をついて溢れる。打楽器も弦楽器も硝酸ストロンチウムの青白い火花をあげて冷ややかに散る。投げ放たれる歌詞、何かに憑り付かれたような演奏の高速回転に只只茫然となるしかない"29"、十数秒の余韻を待って咽び泣くようなギターのメロが印象的な"祝言"など、いずれの曲も圧倒的な情報せつなさを秘めながら、詩的でない言葉の意味用法を、青く丸く拒絶する。硬貨と水、限りなく純潔な二者は、成せば成らぬ.....................で、ここは何処だらう?


| 夢幻 | 18:39 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:39 | - | - |
置いてありましたか!!いやぁ良かったぁ(笑)そういえばこちらからあぶらだこのサポートページに飛んだ際に「復刊ドットコム」とかなんとかで、あぶらだこの楽譜が復刊されそうな勢いでしたよね!?なんかいい感じに広がって言ってるみたいで、まさに「状況は変わりつつある」感じでちょっと嬉しくなりました♪
| タコ人間 | 2005/06/13 10:29 PM |
わたしも近畿のオマケ在住なので悶々ですが、新装のツタヤに行くとあぶらだこが置いてありました。しかもレンタルコーナーに。(笑)状況は変わりつつあるかもしれませんね。
| pusai | 2005/06/12 6:34 PM |
話によるとあぶらだこさんは活動途中に長い間休止期間を取っていたそうなんですが、それでもやっぱ人気すごいっすね!ただ・・済んでるのが岩手県っていう音楽的に悪条件が重なりまくりの地域なんで、CDも中々手に入らないしライブにも行く機会が無いってのが残念で残念で・・・しかも周りの友達とは音楽の話合わないし(笑)
| タコ人間 | 2005/06/10 10:25 PM |
まったくもってそうですね、もっと早く生まれていればと思ったりもします...しかし!今どきサポートページまであります(笑)。"あぶらだこ"で検索するもよし.....*

◆あぶらだこサポートページ
http://www.yo.rim.or.jp/~bridge/oil.html
| pusai | 2005/06/10 8:35 AM |
俺も一年前くらいに「あぶらだこ」をしって大好きになりました!自分まだ高校二年生なんですけど、こんな昔にこんな音楽があったなんて全く知らなかったのでカルチャーショックを受けました(笑)俺は青版だと「泉わき血おどる」や「四部屋」が好きです!昭和の時代にこういう音楽をやっていたあぶらだこさんを俺は心から尊敬しています!
| タコ人間 | 2005/06/09 9:55 PM |









http://pusai.jugem.cc/trackback/160

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE