<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< 桂枝雀『らくごDE枝雀』 | main | SPIRAL CHORD "脳内フリクション" >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
河合隼雄『影の現象学』

河合隼雄『影の現象学』

1987 / 講談社学術文庫


『影の現象学』というタイトルではあるけれど、現象学の難解さはない。小説や物語、事例からうかがえる典型的なパターンを引用した分析,解釈の試みが記述されているからで、文章も読みやすいし、あとがきにはオチまでついている。無意識という暗い影の部分に着目し、ある程度は危険な影の領域へと踏み込んだり歩み寄ったりせねばならない河合氏だから書ける、濃淡のある"影学的文章"だといえるだろう。たとえば
普通人とは自分の心の深層に存在する普遍的無意識に気づくことなく生きている人たちである、と言うこともできる。

パッと見断言しているように思えるが、文章の尻はあいまいにかすれて消えてゆく。肉眼で見えたり手で触れたりすることのできない、人の心のはたらきをうまく活字であらわすには、こういった言い方しかないように思える。


意識と無意識のたとえはよく氷山と海面下にたとえられる。そうして心理学ではだいたい氷山の頂上を自我として、ことばを用いて支配コントロールできる領域を意識と名づけ、水面下に没している大部分を無意識と名づけている。

そうして、広大あるいは極めて微細な無意識世界に、日常を営むうえでは必要ない、場にそぐわない、あるいはまだ完成していないという理由でいったんしまいこまれ、意識にのぼることのない断片がひしめいている、と考える。


いつ必要になるとも分からないがとりあえずいったんしまいこまれた資質.......不安,口に出せぬ苦しみ,いやな記憶,声ならぬ呟きや問いかけの集合体のとりうるぼんやりとしたあるかなきかの混沌がシャドウといえるだろうか。ただし、制御できない影の世界も、それなりの原理で動いているのかもしれない........時として影が作り出した人格が何のひょうしにか意識に登場してくることはしょっちゅうあるだろうし、影が意識を乗っ取ってそのまま盲動的に、不合理な行為をしてしまうこともある。後で"我にかえった"とき、すでに影は無意識の世界に散っている......。


影の世界に居るという、トリックスター,ストレンジャー,永遠の少年,道化と呼ばれるいたずら者,超人,救世主,皮肉屋やばか者、あるいはまだ名づけられてもおらずこれからも名前がないであろう無数の他人......こちらがかれらに気づくまで、眠っていたりスタンバっていたり、時には監禁されていたりする者たち。こちら, , ,に自覚が無ければ後々どんな報いしっぺがえしがあるか分からないが、良い関係を保つことができれば、いろいろと思いがけぬ贈り物をもたらしてくれそうだ。


さてこの本には原型アーキタイプやアニマ、アニムスといったユング心理学の鍵概念がベースにあるので、ちょっと知っておいた方が理解しやすい。また、シェークスピアやホフマンの小説、以下にあげる物語が気に入っている人は、きっと気に入られることと思われます。


■シャミッソー 『影をなくした男』

■アンデルセン 『影法師』

■マーク・トウェーン 『不思議な少年』

■ヘッセ 『デミアン』



最後に本書から引用。
おのれの心に地獄を見出し得ぬ人が、自ら善人であることを確信し、悪人たちを罰するための地獄をこの世につくることになる。
| | 13:28 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 13:28 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/156
集団の影
◆河合隼雄『影の現象学』2 河合は、影の投影が集団で行われるときのことに触れている。これは、岸田が国家や社会を精神分析することに関連して、非常に興味深い。集団の成員は、集団の影の部分を認識することが、個人の影を自覚するより、難しいという。集団の影に気
| エポケー | 2005/05/15 10:17 PM |
理想の女性(その6)
 ユングは、無意識を「個人的無意識と集合的無意識から成る」との説を唱えました。
| 俺は西なのか、酉なのか | 2005/05/20 6:11 PM |
理想の女性(その7・完結編)
 皆さん、こんにちは。このシリーズ、前回の記事を探してみたら、なんと5月。…3ヵ
| 俺は西なのか、酉なのか | 2005/08/31 12:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/28 12:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/24 11:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/24 9:40 PM |

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE