<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< E.T.A.ホフマン『黄金の壺』 | main | アポリネール『一万一千本の鞭』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中井英夫『虚無への供物』

中井英夫『虚無への供物』


中井氏の文章は、作り物めいて感じられてしまう。あまりにも淀みのない饒舌を披露するキャラクターが鼻につく。そこに人間以上の、過剰な何かを感じてしまい、その壊れた感じが違和感きょうざめを引き起こすのだ。しかし強力な酒になるほど、それと対峙する者に対して礼儀を要求するものだ。


物語の迷宮構造が読者の目をこれでもかと眩ませ、じらし続ける。どうしても乗りたい遊園地のアトラクションに並んだり、ゲームを買うために徹夜したことのあるあなたにならこういった類の楽しさがあるということは言うまでもないこと。とあれ、本作では作者=読者の共犯関係を堪能することができる。また、構成が素晴らしい。"少しずつ開きゆく黒ビロードのカーテンに浮かび上がる踊り子"ではじまり、"夕暮れ、カーテンに閉ざされゆく黒い影"で静かに幕引き。この作家のあざやかな手口には読了後、ただただ宙空を見上げるしかない。




数人がカタリコトリと死亡した氷沼家殺人事件であるが、[氷沼家]という閉じた宇宙のなかでの死の輪廻は、作中の[ノート]や[理論]の中で朧に完成形をほのめかすだけにとどまり、無関係な事件やおとぎ話すら貪欲に飲み込んでしまう俄か探偵たちの迷推理によって現出する、幾つかの多元世界パラレルワールドに翻弄されながら、ついに立件されることはなかった。登場人物はばつの悪い思いを味わったあと、その後かすかに文章のそとを指差し、悪を弾劾する様子をみせるが、それ以上何も起こらない。そこにあったのは、人間界の秤では裁けない事件なのだ。


現実の事件は作家の想像力を凌駕し、密室トリックも一人二役も、江戸川乱歩とともに没した。それでもなお小説を書こうとするならば、[自分の書く作品にオブジェとして飾られるために、そういった事件が存在するのではないか?そしてそれを眺めながらただ冷徹に筆を動かす行為、それこそが"悪"なのではないだろうか?]と意識し、問いながら書かざるを得ない。でなければ、その行為すら無意味なものになってしまう。洞爺丸事件でマグロのように揚げられた死体のように。作家は[紫雲丸の写真]を貼って、それをかすかに仄めかしている。


死につつある探偵小説自体が作家を選んだとでもいうべき気配、作家という"一個人"が描いたこの物語だけが、これまた逆さ落としに人間性ヒューマニティを獲得しているのではないかという錯覚すら生ぜしめる。乱歩の作品に登場する、同じ仮面をつけた群衆のように、誰が誰を犯人と断定できようか?だが作家・中井英夫は去ってしまった。大量の死者に、ただ、薔薇の花を置いて。

| | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:26 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/135

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE