<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< J・G・バラード 『ヴァーミリオン・サンズ』 | main | E.T.A.ホフマン『黄金の壺』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マーク・E・エバハート『ものが壊れるわけ』

マーク・E・エバハート 『ものが壊れるわけ』

松浦俊輔=訳 2000 / 河出書房新社


単純な題名だが、何か引くものがあった。
ものは壊れる。だが、ものが壊れなかったとすると、生命は"人間"というかたちをとることはなかったに違いない。マテリアルから道具を抽出することができなかったはずなので。


何かを守るための方法は大まかにふたつ。頑丈なものをこしらえるか、いつでも再生できるものを作るか。日本といえば火事と地震。壊れない物への執着は低くならざるを得なかったはず。むしろ圧力に抗して絶対的に壊れないものを作るという発想より、衝撃を緩和するものや、壊れてもすぐに修復できるものを作るという発想があったといえはしないだろうか。


それはともかく。量子化学や物理法則をちらっと見せながら、ものが壊れないようにするには位相幾何学トポロジーを活用するという方向を提示。結局、ものが壊れるわけは分からない。というのが解か。


カヌーが壊れたことに疑問を持ち、ものが壊れる仕組みを探るために大学院の材料科学科に進学した著者。「割れない」と言われる皿をわざわざ購入し、投げたり落っことしたり。科学者らしい実験精神は生真面目なユーモアを交えて書かれている。これは科学者の書いた異色のエッセー風小説として読める。


| 文学界 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/133

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE