<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< ジャン・レー『マルペルチュイ』 | main | INDEX.....著者名順 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ウィルヘルム・ブッシュ『エドワルトの夢』

 

ウィルヘルム・ブッシュ 『エドワルトの夢』

矢川澄子 = 訳 / 月刊ペン社 1979 = S54


エドワルト氏による夢語り、あるいはほら話。笑いに託して端折られ、勢い良く語られているのは楽しいけれど、随所に風刺や寓意の苦味が効いている。

夢のなかで[点]と化したエドワルトは時空すら超越してしまうことができる。けれど[思いこむだけで何もかも思い通りになる]というその自由さはやがて退屈となり、この世の森羅万象をひとつひとつの不合理に砕き、 何事もとるにたらぬ些事に還元させる。


[点]にとって、少しく興味を惹く哲学者の部屋。 一見不思議に見える現象も、そこでは明快に片付けられる。 しかし、美術の周辺が"心ない"人々の汚れによってしばしの輝きをとどめているのに比べ、 思考の帰結は徐々に美しいものからかけ離れていく。哲学者という存在が、 どこか調子のいかれたカラクリ人形のように、グロテスクなものと映りはじめ、[点]はマルセル・シュオブの物語に出てくる主人公のようにすばやく逃げ出す。


[点]は門を見つける。美しい神殿の都が見え、自力で入ろうと試みても透明な壁にはばまれてしまう。 通りかかった巡礼に門のむこうに連れて行ってくれと頼むけれど、 「心がない」と一蹴され、そこで悪魔がおそいかかる。


《外形を置き去りにして内面だけに萎縮してしまった[点]は、世間一般の人間とは意思疎通の能力を喪失し、ただ見て回ることしかできない。それは生き生きと跳躍するかに見えて、人生を楽しめない云々...。》これは"すべてか無か"という悉無率しつむりつに導かれた天国と地獄のビジョン、しかし短く端折られている。

帰ってきた!というほっこり感のために冒険は必要なのだろうか?何にせよ[点]=エドワルト氏は奇怪な観念の世界から日常へと着陸することに成功。「これは夢のおはなしだから、気を悪くしないでくれたまえ。所詮単純化・抽象化されたほら話じゃないか、それだからこそ本というつつましい形態が似合うというわけだよ」著者にそう、言われているような。



ウィルヘルム・ブッシュ (1832 -1908)
ルイス・キャロルと同年、ドイツに生まれた作家。奇しくも生涯独身者だったことでも一致している。漫画コミックの原型『マクスとモリツ』を新聞に連載していた。
| 夢幻 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:24 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/128

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE