<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< レオノーラ・カリントン 『耳らっぱ』 | main | ウィルヘルム・ブッシュ『エドワルトの夢』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジャン・レー『マルペルチュイ』

ジャン・レー 『マルペルチュイ』

篠田知和基 = 訳 / 月刊ペン社 1979 = S54


叔父-カッサーヴから、莫大な遺産とともに奇妙な契約を相続した一族の運命譚。
カッサーヴの末裔たちは悪夢の館にひきこもって美食や遊びに逃避する。彼らは契約によって縛され、彼らのうちの男女ふたりが残るまで生活が続けられねばならないのだ。
剥製師 , 闇夜に蠢動するバルビュスカン修道士 , 薔薇十字会と錬金術 , 嫉妬 , テルミヌス神の像 , 狼狂は何を意味するか?マルペルチュイ館で起こる奇怪な出来事とは、またそこに住む一族にかくされた謎とは?




マルペルチュイ館に住む一族は、かつて太古の神々を捕獲し、弄んだカッサーヴの呪われた末裔だったようだ。ようだ、と書いたのははっきり断言できるものがないからである。絶対的なものはことごとくその高みから運命の坩堝になげこまれ、真実は幻想の霧でしかないというおそろしく不安な心地が充溢しているこの物語では主人公すら定義できない。いかがわしい身上の者や、途中から精神に狂いが生じている感のある者の幻覚的な告白から成る重層的構成には、螺旋階段にひしめく無限の悪意がある。神経症的哄笑が眩暈を惹起し、読み進む者を渾沌につきおとす。錯乱の明晰さを孕んだ文章からは覚醒し愛と復讐に狂う異形の神々が飛び立ち、 太古プリミチヴの海や固まったばかりの溶岩の禍々しい色彩とリズムがうねっている。 それは"horror"というより"wonder"の海域に属するだろう。 ポオのリジイアとネルヴァルの黒い炎のカクテル、頭がこんぐらがるようなことが続発する悪霊館マルペルチュイには、しかしどこかなつかしいものがあるような。





Jean Ray (1887 - 1964)
ジャン・レーは"ジャンレー以前/以後"という区分けすらあるくらい著名なベルギーの幻想作家。海上での怪奇現象を扱った作品を得意としているのは、船員としての経験がいきているにちがいない。冒険/幻想/SFなどにまたがる幅広い作風で、数多くの短編を残す。


≪テルミヌス神≫
ラテン語"TER-MINUS"は { 境界-制限-終局-限界 } の意があり、"terminal"の語源かと推測される。 これがローマ神話におけるテルミヌス神の語源となった。テルミヌス神はローマにおける境界の標の神で、 3月23日には境界の標の神聖不可侵を確実にするため、犠牲が捧げられていた。 また、"TARA"はサンスクリット語の"STRI"に由来、 { まき散らす-拡大する-拡散する } の意があり、英語では"STAR"になったようだ。
| - | 08:43 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 08:43 | - | - |
はじめまして。
こういった作品はなかなかレンタルできないのがつらいところですが、
キントさんのお話を聞いて、
映画もぜひ見てみたいと思いました。。

けっこう混沌とした内容の文学作品だったと思うので、映画では小説をどう解釈したのか、気になるところです。
| pusai | 2006/02/17 7:03 AM |
はじめまして。
主に日本未公開映画をブログで紹介している者です。
今回は『マルペルチュイ』映画版のベルギー盤DVDを鑑賞しました。
原作より映画の方が面白いのは滅多に無いので、これもまぁそれなりでしたが、なかなかいい雰囲気の作品でした。
特典にはジャン・レーのインタビュー映像なども収録されています。
| キント | 2005/10/10 3:29 PM |









http://pusai.jugem.cc/trackback/127
マルペルチュイ
『MALPERTUIS』 (1971) 久しぶりに故郷に戻った水夫のジャン。だがなぜか実家が無くな
| Beware! The Blog - Director's Cut | 2005/10/10 3:21 PM |
マルペルチュイ (ジャン・レー著: 月間ペン社 妖精文庫)
 「マルペルチュイ」(Malpertuis)は、ベルギーの幻想作家Jean Rayが1943年に書いた、彼の代表作です。「代表作」と書きましたが、実は私はこの作家の作品で読んだ事があるのはこの一作だけです。しかし、この作品は映画化もされているという事なので、やはりかなり有名
| Babylon5以外のメモ by X^2 | 2005/12/16 11:58 PM |

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE