<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
<< ロジェ・カイヨワ『聖なるものの社会学』 | main | ジャン・レー『マルペルチュイ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レオノーラ・カリントン 『耳らっぱ』

レオノーラ・カリントン 『耳らっぱ』

嶋岡晨 = 訳 / 月刊ペン社 1978 = S53


奇妙な趣味をもつ友人から[耳らっぱ]を譲り受けた92歳の主人公マリオン。家に帰ってそのきれいな角をを耳にあてた時、聞こえてきたのは老いた自分を施設に放りこもうとする家族の相談であった。彼女はトランクに[耳らっぱ]を詰め、兼ねてから行きたがっていた北極圏に行く気持ちで旅立ちの支度をする。

そして話は[友愛光明園]へ。そこでは心理学やエセ神学と食料配給の権威を持つ院長夫婦とのしずかな戦いが待っていた。そして塀の内側に仲間とウィンクする尼僧の絵が、彼女たちを不思議な運命へと導くのだった...。



あのマンディアルグが序文を寄せているのが意外だけれど、著者レオノーラ・カリントンはシュルレアリスムの画家でもある。

この魔女の手で攪拌される大鍋の中身のような物語には、聖杯伝説/黒魔術/変身/変装といったキーワード以外にも、微細な唐突さがしこまれている。 冒険物語から過去へ、そしてSF的終末へと飛び、奇想天外なまま終了してゆくひとつひとつの文章のつながりに、繊細な味が光る。それはれんげ草の花籠に光る露、純粋性はもはや凶暴性を秘めたものではなく、たおやかな味となっている。


冒頭。主人公の老婆が友人カルメラから[耳らっぱ]を何となく手渡されるシーンはキリスト教で邪宗とされる、≪呪術/原始宗教≫への洗礼を意味するだろう。またそれは"黙示録"で天の御使いに吹き鳴らされる、審判のラッパを耳に当てることをほのめかしている感じ...。そういえば『ハウルの動く城』も主人公は老婆だった。そして昨今の天候の変異。かなり先取りした感を受けました。

それにしても妖精文庫、装丁といいラインナップといい恐るべし。

| | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - |









http://pusai.jugem.cc/trackback/126

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE