<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スタンリイ・エリン『最後の一壜』

スタンリイ・エリン『最後の一壜』

仁賀克雄=訳 2005 / 早川書房



落ちがスッキリしていない作品もあるが、それはより微妙な、今までにない味わいを追求した結果ではないだろうか。オチ感にこだわらずに読めば、創作の快楽と苦痛が重奏的にかもし出す深い味わいを純粋に味わうというまたとない快楽の一冊となってくれそうだ。



 † 『エゼキエレ・コーエンの犯罪』


読むイタリア旅行。硬質な文章に誘われて彷徨する快感。




 † 『拳銃よりも強い武器』


「拳銃よりも強い武器」とは...?そんな問いが残る。




 † 『最後の一壜』


極上のヴィンテージ・ワインを用いた、贅沢で高級感漂う一品。異常なまでの緊張感の高まりと、意表をつくラストに目をうばわれるけれど、丹念にひかれた伏線を探すのも楽しい。エンターテイメントでありながら、自身の文学姿勢こだわりすら盛り込んだ、何度読んでもすごい作品。




 † 『画商の女』


[画商の女]として皮肉っているのは何だろうか。冷徹な人物描写もいいけれど、語り口がよどみない。




 † 『天国の片隅で』


ニューヨークというジャングルをねぐらにしていたエリンだから書ける描写が光る。ホッチキス氏という妙ちきりんな名前の主人公は作家の憎しみを代行するために登場したのだろうか。胸のすくようなオチのひと言がニクイ。作家はニューヨークを愛してもいたのだろう。




 † 『世代の断絶』


ここまでバカさ加減が無垢なまでに至るとかえって崇高で、[好むと好まざるとにかかわらず聞き手になってしまう]ことは間違いない。




 † 『壁の向こう側』


阿刀田高『冷蔵庫より愛をこめて』の原型とみた。タイトルにニヤリとさせられる。




 † 『警官アヴァカディアンの不正』


落語の小噺風。




 † 『内輪』


無意識の怖さ。




 † 『不可解な理由』


登場人物には不可解にうつる事件の真実が、読者にだけは不可解ではない.....しかしなぜラスト五行が不気味な味わいを残すのかは不可解なまま...。
| 黒イ笑イ | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE