<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション) (JUGEMレビュー »)
スタニスワフ レム
国書刊行会のスタニスワフ・レム-コレクション第1弾。大傑作『ソラリスの陽のもとに』で省略された箇所も洩らさず収録。白系で統一されたインテリアのオブジェとして書棚に収めておきたい丁寧な造本が光る。
 (JUGEMレビュー »)

マニアックな解説はForestに譲るとして、前置詞の概念解説などの見える化がすばらしい。
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック
ニンテンドーDS Lite ジェットブラック (JUGEMレビュー »)

ゲームどころか、楽しく学習もできちゃう。すごいね。
総合英語Forest
総合英語Forest (JUGEMレビュー »)
墺 タカユキ,石黒 昭博
ガイドてがかりにページさ迷い、呼吸してるうちに身につく思考法。まさに文法の森。深すぎ。
浄土
浄土 (JUGEMレビュー »)
町田 康
手にしただけ、目にしただけでたいへんなことになる活字というものがある。本書がそれである。メイビー。書店で笑いをこらえてる顔を見せたくないクールなあなたには、取り寄せをおすすめいたします。ぷっぷ。
DURALEX プリズム 275cc 6個セット
DURALEX プリズム 275cc 6個セット (JUGEMレビュー »)

何の変哲もないタンブラーにみえて、熱湯OK。そして何より割れないときた。ペリエサイズというのもをかしい。
Kollaps
Kollaps (JUGEMレビュー »)
Einsturzende Neubauten
現状崩壊を告発する都市のバーバリアンブルース。構築的確信が単なるジャンキーの遠吠えとは一線を画す。
プログラミング言語C
プログラミング言語C (JUGEMレビュー »)
B.W.カーニハン, D.M.リッチー, 石田 晴久
Cプログラム創始者の考え方が載っている良書。目をとおしておくべき。
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義
文学の記号学―コレージュ・ド・フランス開講講義 (JUGEMレビュー »)
ロラン バルト, Roland Barthes, 花輪 光
言語の権力というテーマから講義はスタート、バルトの提示してきた様々な概念が立ち現われるにつれて、自身の思想と立場がホログラフ的に浮かび上がる。いつになく難解さが少ないが、絶妙なまでに何も言っていないような感じもする。これこそ文学の手口である。
シュルレアリスムとは何か
シュルレアリスムとは何か (JUGEMレビュー »)
巌谷 国士
巌谷氏が主にシュルレアリスムの思想と運動について語った講義録の文書化。シュルレアリスム-メルヘン-ユートピアの三部構成で、フランス語の微妙なニュアンスを交えた流れるような解説がやさしい。1章のテーマは自動書記,2章はおとぎ話と森,3章はユートピアと迷宮のコントラストから文明批評まで飛び出す。図版,人名も充実。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
笹沢佐保『取調室―静かなる死闘』

笹沢佐保『取調室―静かなる死闘』

1996 / 光文社文庫



銃が火を吹くわけでも、ナイフが濡れて光るわけでもない。ひろい世界の片隅、六畳間で男たちが向かいあって対話する。ただ、この二人は友人ではない。この両者をなかば強引に引き合わせたのは「取調べ」のルールなのだ。会える時間も限られている。遊びではなく、死闘なのだ。


その六畳間には対話に必要な最小限のものしかない。異常な感じをあたえるのは鉄格子のはまった窓と、生活に必要な何ものも置かれていないことだろう。しかしその冷えた空間での情報交換は、やがて心の旅路をたどる述懐となる。


序盤で、なんとなくトリックが分かってしまった気になるポイントはあった。けれどこの作品はトリックや謎解きより、そこに話をもってゆくプロセスをたどらされるのが楽しい。


たとえば、容疑者と取調官が雑談する幕間のシーンでは、登場人物の口から「本作への自負」「これからの推理小説の方向性」まで語られるし、 P.208) では容疑者が自分の名前の由来を語ったりする。作品にとっては「要らない部分」だけれど、作者が顔を出してくる貴重な部分でもある。ホフマンや江戸川乱歩の飛び出しとはまたひと味ちがう、クールな押し出しといえるかもしれない。だが作家の心は熱く燃えているはず。



◎しかし読みおえた後にも、謎はのこる。



P204) 御子柴刑事のボケは確信犯だったのか。
P250) なぜ、水木警部補は[むしろ怒ったような面持ちでいた。]のだろう?
P278) なぜ、水木警部補が苦手なのは[雨漏り]なのか。


最大のミステリーは、やはり人の心にあるらしい。





| ハードボイルド | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

ARCHIVE
CATEGORY
NEW ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
LINK
OTHERS
PROFILE